GXポケモン解説

【カード解説】《ジガルデGX》を使いこなしたい!【SM6】

GXポケモンの特性やワザの効果、コンボや使い方、収録パックなどの情報をまとめています。闘タイプGXポケモン《ジガルデGX》を徹底解説!

《ジガルデGX》とは、拡張パック「禁断の光」に収録された、闘タイプGXポケモン。



ポケモンたちの生態系を守る「ちつじょポケモン」の《ジガルデGX》。小さなセルたちが集まることで強大な力を発揮します。

「セルコネクター」「グランドフォース」「ジャッジメントGX」を使いこなそう!

《ジガルデGX》 たね HP200 闘
ワザ
(無)(無) セルコネクター 50

自分のトラッシュにある闘エネルギーを2枚、このポケモンにつける。
(闘)(闘)(無)(無) グランドフォース 130

GXワザ
(闘)(闘)(無)(無) ジャッジメントGX 150

次の自分の番、このポケモンは「ポケモンGX・EX」からワザのダメージを受けない。
[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
弱点 (草)
抵抗力 なし
にげる (無)(無)(無)


《ジガルデGX》のワザ

《ジガルデGX》の持つ強力なワザ、それと相性のいいカードを紹介します。

セルを繋いでパワーアップ!「セルコネクター」!

セルコネクター

《ジガルデGX》の「セルコネクター」は、トラッシュから闘エネルギーを自身に2つつけるワザです。
自身でエネルギー加速しつつ相手にダメージを蓄積させるため、序盤の立ち上がりにもってこいのワザですね。

「セルコネクター」は《ダブル無色エネルギー》で使うことができる点が魅力です。自分でエネルギーをまかなうため、他のワザを使う際にも手札からのカードを最小で1枚しか必要とせず、その分の手札を後続のポケモンを育てることに費やすことができます。

《ジガルデGX》はたねポケモンのためトラッシュにあれば、《マーシャドーGX》の特性「シャドーハント」でワザを使うこともできます。

「セルコネクター」を利用すれば、《マーシャドーGX》で様々な闘ポケモンのワザを使うことができるようになるため、《マーシャドーGX》をメインとしたデッキでも重要なポケモンになりそうですね。
また、「セルコネクター」を連発してエネルギーを増やしていけば《マーシャドーGX》の「ひゃくれつむそうGX」のダメージもどんどん上がっていきます。


大地の力!「グランドフォース」!

グランドフォース

《ジガルデGX》の「グランドフォース」は、130ダメージを与えるワザです。

必要なエネルギーは4つのためトラッシュから自身に闘エネルギーを2枚つける「セルコネクター」から綺麗に繋ぐことができます。
効果のないワザにエネルギーを4つを必要とするワザは本来なら使うまで非常に手間がかかりますが「セルコネクター」のおかげで、スムーズに使うことができますね。

《ディアンシー◇》《こだわりハチマキ》を使えばダメージを上げることができるため、進化GXポケモンたちとも渡り合えます。

大地の裁き!「ジャッジメントGX」!

ジャッジメントGX

《ジガルデGX》の「ジャッジメントGX」は、次の番にGX・EXポケモンからのワザのダメージを受けなくなるワザ。

強力なGX・EXポケモンをメインとしたデッキが多い中、このGXワザは十分に強力です。相手の場に、「かかっている効果を計算しないワザ」を持つポケモンがいなければ、《グズマ》のようなカードを使って攻撃する標的を変えなければなりません。

そのためいつでも「ジャッジメントGX」を使えるように「セルコネクター」でエネルギーをつけておけば、相手は非GXポケモンを育てたり《グズマ》を温存しなければならないでしょう。そのように相手に睨みを効かせながら戦うこともできそうです。

《ユリーカ》で《ジガルデGX》の本領発揮!

《ジガルデGX》の最も特徴的で強力な点としては、専用サポート《ユリーカ》との組み合わせです。

《ユリーカ》を使うことで《ジガルデGX》はGXワザを再び使うことができるようになります。

《ユリーカ》を使うにはスタジアムが出ていることが条件となりますが、《ジガルデGX》や《ディアンシー◇》などを展開しきった後の《せせらぎの丘》をトラッシュすれば、カードを無駄なく使用することができますね。

自分でスタジアムをトラッシュする場合は《ユリーカ》と合わせてカードが2枚必要になりますが、「ジャッジメントGX」はそれを補って余りある能力を持っています。

また、《ユリーカ》で注目するべき点は、GXワザ同士を組み合わせることができる点です。組み合わせるGXワザとしては序盤に大きな効果を発揮するGXワザがいいでしょう。

例えば、サイドの数だけダメージの上がる《マッシブーンGX》の「イクスパンションGX」は序盤に高い威力を出すことができます。

また、《ルカリオGX》の「クロスビートGX」は少ないダメカンからもGXポケモンをも倒すことができ、序盤からもカウンターワザとして非常に優秀です。

これらのワザは十分強力なのですが、GXワザを大事な場面を見極めて使うのではなく高いダメージを出せるうちに使ってしまうと、奥の手としてGXワザを使うことができず、その後は単調なバトルになってしまいがちです。

しかし《ユリーカ》があることで、「ジャッジメントGX」を使って序盤にリードしたまま押し切ることができるかもしれません。

また一度GXワザを使ってしまっても、《ユリーカ》によって「ジャッジメントGX」を使うことができるため、《ハラ》のような、GXワザを使うことが条件となるカードを積極的に使うこともできますね。

序盤に《ジジーロンGX》の「だいしゃりんGX」のような、必要なエネルギーの少ないGXワザを使って《ハラ》の条件を満たしておいても《ユリーカ》を使えば「ジャッジメントGX」を使うことができます。

スタジアムが出ていなければ使うことができない《ユリーカ》ですが、「だいしゃりんGX」や《ハラ》は手札を大幅に増やすことができるため相性がいいですね。


《ジガルデGX》のまとめ

《ジガルデGX》の特徴は以下の4点でした。

  • トラッシュの闘エネルギーを2枚、自身につける「セルコネクター」
  • 「セルコネクター」からスムーズにつなげる「グランドフォース」
  • GX/EXポケモンからの攻撃を封じる「ジャッジメントGX」!
  • 《ユリーカ》で「ジャッジメントGX」を再び使用!

《ジガルデGX》は硬くて重たそうな姿ですが、テンポを取りつつ攻撃したり、相手の攻撃を反らしたりとしなやかな戦い方ができますね。

ワザを使うために手札からつけるカードの枚数が少ないため、それだけデッキの枠も確保でき、その枠をどのように使うかが重要になってきそうです。

《ユリーカ》によって力を発揮する《ジガルデGX》を見るとアニメでの活躍が思い出されますね。

《ジガルデGX》を使ったデッキ

ジガルデGX

《ジガルデGX》の収録パック



《ジガルデGX》の関連カード