GXポケモン解説

【カード解説】《ツンデツンデGX》を使いこなしたい!【SM7】

鋼タイプGXポケモン《ツンデツンデGX》を徹底解説!

拡張パック「裂空のカリスマ」に収録された、《ツンデツンデGX》を解説。

不気味な目玉のある岩の集合体であるウルトラビースト、《ツンデツンデGX》は集まるとウルトラビーストの防御力を上げる特性を持っています。
「ウルトラウォール」「ギガトンスタンプ」「レイGX」を使いこなそう!

《ツンデツンデGX》 たね HP180 鋼
特性
ウルトラウォール

このポケモンがいるかぎり、自分の「ウルトラビースト」全員が、相手ポケモンから受けるワザのダメージは「−10」される。
ワザ
(鋼)(鋼)(無) ギガトンスタンプ 120


GXワザ
(鋼)(鋼)(無) レイGX 50+

自分がすでにとったサイドの枚数×50ダメージ追加。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
弱点  (炎)
抵抗力 (超)
にげる (無)(無)(無)


「ウルトラウォール」を積んで積んでウルトラビーストの防御力アップ!

ウルトラウォール

《ツンデツンデGX》の「ウルトラウォール」は、自分のウルトラビーストが相手ポケモンから受けるダメージを10減らす特性です。

出せば出すほど相手から受けるダメージを減らすことができるため、《ネストボール》《ポケモンだいすきクラブ》《ノコッチ》などでどんどん展開していきましょう。

《ツンデツンデGX》自身が受けるダメージも減らすため、4匹場に出ていれば最大210ダメージまでを耐えることができます。他のウルトラビーストのサポートだけでなく「ウルトラウォール」で防御力を上げて《ツンデツンデGX》自身が攻撃しにいくだけでも十分な脅威となるでしょう。

場のウルトラビーストの数だけダメージが上がる「ビーストレイド」をもつ《アーゴヨンGX》との相性も抜群です。

《ツンデツンデGX》を出すほど「ビーストレイド」のダメージは上がり、《アーゴヨンGX》の耐久力が上がります。さらに「ビーストレイド」は必要なエネルギーのタイプの指定がないため、鋼タイプをメインとしたデッキでも問題なく活躍できるでしょう。
ウルトラビーストは《ウルトラスペース》によって展開しやすいのが最大の強みです。 例えば、手札から出た時に相手の特殊エネルギーをトラッシュする《カミツルギGX》の「きりすてる」との相性もよく、ベンチにウルトラビーストを展開する戦い方との相性がいいですね。

万が一《ツンデツンデGX》がサイド落ちしてしまった際には《ウルトラボール》を使うといいでしょう。

「ウルトラウォール」のQ&A

Q
自分のベンチに特性「ウルトラウォール」がはたらいている《ツンデツンデGX》が1匹いるとき、相手の《ゼルネアスGX》がワザ「かけぬける」を使った場合、ベンチの《ツンデツンデGX》が受けるダメージは「-10」されますか?
A
はい、されます。

Q
自分のベンチに特性「ウルトラウォール」がはたらいている《ツンデツンデGX》が2匹いるとき、自分の「ウルトラビースト」が相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-20」されますか?
A
はい、されます。

「ギガトンスタンプ」で踏み潰せ!

ギガトンスタンプ

《ツンデツンデGX》の「ギガトンスタンプ」は、相手に120ダメージを与えるワザです。

120ダメージを与えるワザのため相手のGXポケモンを倒すには少し物足りない威力で、2度攻撃しなければなりません。しかし「ウルトラウォール」の耐久力があるため、じっくり攻撃を耐えて戦うことに向いていますね。
「ウルトラウォール」だけでなく鋼ポケモン専用グッズの《鋼鉄のフライパン》もあるためちょっとやそっとの攻撃では倒されないでしょう。

「レイGX」で勝負を決めろ!

レイGX

《ツンデツンデGX》の「レイGX」は、自分がすでに取ったサイドの枚数×50ダメージ増えるGXワザです。すでに自分が4枚サイドを取っているだけで250ダメージもの大ダメージになります。

《カミツルギ》の持つ「カミカゼ」や《テッカグヤ》の「ムーンレイカー」のように、非GXのウルトラビーストたちはサイドの枚数によって追加効果のあるワザを持っています。 「カミツルギ」「テッカグヤ」 こういったワザは追加効果を得ることができれば効率よくサイドを取ることができますが、相手や自分のサイドの枚数に影響されるため効果を持続させることが難しいワザがほとんどです。しかし「レイGX」があれば、序盤〜中盤にかけて非GXウルトラビーストたちのワザで効率よくサイドを取っていき、最後に「レイGX」で勝負を決めるといった戦い方ができますね。
サイドの枚数に応じて適切なウルトラビーストを使うためには《ハイパーボール》《ウルトラスペース》のようなサーチカードが他のデッキ以上に重要になるでしょう。

また、《ジバコイル》の「マグネサーキット」で手札から一気に鋼エネルギーをつけて《ネクロズマたそがれのたてがみGX》の「メテオテンペスト」などの高火力ワザで素早くサイドを取っていくのも強力です。

こちらは非常に派手であり、さらに勝利までのストーリーがわかりやすい戦い方です。 「メテオテンペスト」だけでも十分に強力ですが必要なエネルギーの数が多く、使った時にエネルギーをトラッシュしなければならないというデメリットもあります。終盤までそれを維持していくのは難しいため、「レイGX」が重要になるでしょう。

《ツンデツンデGX》のまとめ

《ツンデツンデGX》の特徴は以下の3点でした。

  • 場に並ぶほどウルトラビーストたちの防御力を上げる「ウルトラウォール」
  • 相手に120ダメージを与える「ギガトンスタンプ」
  • 取ったサイドの枚数だけダメージの大きくなる「レイGX」

《ツンデツンデGX》はウルトラビーストたちを守る特性と一気に勝負をかけることができるGXワザ「レイGX」を持っています。 《ツンデツンデGX》やウルトラビーストたちを展開させることと、「レイGX」が活躍する終盤までにどんなウルトラビーストでサイドを取っていくかが重要になるでしょう。
ベンチに並んだたくさんの目に睨まれるだけでも恐ろしいですね。

《ツンデツンデGX》を使ったデッキ

ツンデツンデGX