コラム

Pokeadが選ぶ「GXウルトラシャイニー」注目カードトップ3!

11月2日(金)に発売された、ハイクラスパック「GXウルトラシャイニー」より、Pokead注目するカードトップ3をそれぞれ紹介!




今回のハイクラスパック「GXウルトラシャイニー」は過去の強力なカードの再録と、色違いポケモンたちの収録が目玉となったパックですね。

魅力的なカードが揃った「GXウルトラシャイニー」を見ると、どのカードやデッキが強いのか、どのカードを買えばいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、実力者であるPokead Prosのイノウエタカヒロ選手、Pokeadのライターメンバー3名による「GXウルトラシャイニー」の注目カード トップ3を紹介します!

■PokeadProsとは


イノウエ タカヒロ

「GXウルトラシャイニー」カードセット全体の印象

「GXウルトラシャイニー」は“こんな楽しいパックあるの!?”というくらい豪華なラインナップでした。

今までの環境を作り上げてきたカードが軒並み再録されるわ、完全新規のカードが収録されるわ、挙句の果てに一部のポケモンは色違い仕様が存在するわのお祭り騒ぎです。

入手困難だったカードが手に入りやすくなるだけでなく、単純にパックを開封する楽しみも味わえる素晴らしいパックですね。

今回は完全新規で登場したカードをピックアップして紹介します。

1位《シェイミ◇》

また強力なプリズムスターのカードが現れてしまった…と感じました。

「フラワーストーム」は《レックウザGX》の「ドラゴンブレイク」に似た技で、要求エネも草なことから、そのまま《レックウザGX》のデッキと相性がいいですね。

問題なのはこのカードが非GXながら引けを取らない大ダメージを叩き出せるところにあり、さながら取られるサイドの少ない《レックウザGX》としての活躍が期待できます。

さらに逃げエネが“0”というのも強力で、もしこのカードでスタートしてしまっても入れ替える手間はかからず、一度動き出した後は盤面の潤滑油として働きます。

HPこそ貧弱ですが、今まで組み合わせる非GXが軒並み物足りなかったことを考えれば、このカードを採用するメリットが多いので全く気になりません。

2位《ワンダーラビリンス◇》

スタジアムのプリズムスターは軒並み影響力の大きいものが多いですが、このカードも例に漏れず厄介です。

フェアリータイプ以外のポケモンが使う技に対し、要求エネが1つ増えるというシンプルながら嫌らしい効果は、強引にゲームの流れを手繰り寄せられます。

例えば1エネで技が使える《マッシブーンGX》はその一発が撃てるかどうかで勝負に大きく響いてきますが、強制的に出遅れさせることでフェアリー側に準備する時間が生まれます。

他にも【ロストマーチ】のように採用しているエネが少ないデッキは、余分にエネルギーをつける行為のハードルが高く、倒された時の損失も大きくなってしまいます。

たった一度でも小さくない差ですが、このカードはスタジアムなので維持すれば維持しただけその効果が重くのしかかってきます。

プリズムスタースタジアム特有の耐性も持っているため、デッキ構築の際にスタジアムの採用はますます必須になるでしょう。

ちなみに、フェアリータイプのみ恩恵を受ける効果というよりはフェアリータイプのみデメリットを受けない効果のカードなので、それが気にならなければ他のデッキでも採用が見込めます。

元々3エネ以上付けやすい《ウルトラネクロズマGX》や、特性での行動が多く《超ブーストエネルギー◇》が採用できる《ジュナイパーGX》に採用しても面白いかもしれませんね。

どちらも相手を失速させることで自分の準備をする時間が生まれます。

3位《ルガルガンGX》

新たな姿のルガルガンです。このルガルガンが凛々しくて一番好きかもしれない。

真っ先に目につく特性「トワイライトアイ」はバトルポケモンとはいえ、問答無用でエネを1枚トラッシュできる優秀な効果です。

《ダブル無色エネルギー》や複数の基本エネルギーを重要視するデッキにとって、エネをトラッシュされるのは著しいテンポロスに繋がります。

さらにGXワザ「ラジアルエッジGX」は相手依存になってしまいますが、特性と噛み合っており、1エネで使える非常に身軽なワザです。

今までは「デスローグGX」の警戒をされていましたが、エネを大量に使用する相手には予め《イワンコ》にエネを付けておかずとも一撃必殺の威力を出せるようになりました。

そうでなくとも終盤悪タイプに対して奇襲的に大ダメージを与えるチャンスになります。

このカードだけで環境を大きく変えてしまうほどの影響力はありませんが、《ルガルガンGX》(まよなかのすがた)と共に採用することで、状況に合わせて使用できるという新たなメリットになります。

選択肢の豊富さがそのまま武器に繋がりますし、《ルガルガンGX》を採用しているデッキは少なくありませんから、それ等のお供として見られるかもしれません。

ライター:アリア

「GXウルトラシャイニー」カードセット全体の印象

今までに収録された強力なポケモンや《シロナ》《グズマ》といった汎用トレーナーズが数多く収録されているのが魅力的ですね。最近ポケカを始めた人も強いカードをたくさんゲットできるチャンスがあるので良いパックだと思いました。

一部のポケモンについては、過去に収録されたものとワザや特性が同じでも、イラストが違っていたり違うタイプになって再登場しています。好きなポケモンが収録されているとイラスト違いやタイプ違いのカードも集めたくなってきますね!

また、今回は色違いのポケモンが登場するのもいいですね!ゲームやポケモンGOをやっているときも、色違いのポケモンに出会えたときは興奮しますし、ゲットできたらすごく嬉しくなりますよね!

ポケカではどんな色違いのポケモンに出会えるのか、パックを開けるときにいつも以上にワクワクしそうです!

1位《ワンダーラビリンス◇》

今回のパックで初登場するスタジアムです。

フェアリータイプ以外のポケモンがワザを使うのに必要なエネルギーが無色1個分増えるという効果を持っています。相手がフェアリータイプのポケモンでなければ、ちょっとした足止めができるかもしれませんね!

また、フェアリータイプ以外のポケモンはエネルギーを余分に付けなければならないので、今回再録される《サーナイトGX》のように相手のエネルギーを力に変えるポケモンを使えばダメージアップが狙えます!

フェアリータイプのデッキをよく使う人は1枚は持っておきたいスタジアムです!

2位《アローラキュウコン》

以前は水タイプで収録されていましたが、今回のパックではタイプシフトしてフェアリータイプになりました。イラストがすごく綺麗ですね!

特性「ひかりのけっかい」は、相手のEX・GXポケモンからのワザのダメージや効果を受けないというものです。GXポケモンが多いデッキが相手だと、この《アローラキュウコン》だけで足止めできたりサイドが取れたりします。

《アローラキュウコンGX》をメインで使うデッキにこの《アローラキュウコン》を入れると戦略の幅が広がりそうですね!

3位《コスモッグ》

今回収録されている中でイラストが一番好きなカードです。めっちゃ可愛い!

イラストレーター、彗(sui)さんの作品で、優しいタッチのふんわりしたイラストが個人的にすごく好みです。ちなみに、前弾「ダークオーダー」の《ニャビー》《ヒトツキ》のイラストも描いたのも彗さんです。

特性「コスモガード」はベンチにいれば相手からのダメージを受けない効果を持っています。HPは低めですが、この特性のおかげで《マッシブーンGX》の「ジェットパンチ」や《カプ・コケコ》の「かいてんひこう」等、ベンチにもダメージを与えるワザを防げます。 倒される可能性が少しでも減るのはいいですね!

ライター:こたえ

「GXウルトラシャイニー」カードセット全体の印象

「GXバトルブースト」から約一年、帰ってきたハイクラスパックということもあり、収録カードが想像以上に豪華で驚きました。

全プレイヤー必携とも言われる《カプ・テテフGX》《ゾロアークGX》などの強力なGXポケモンはもちろん、《グズマ》《シロナ》《ミステリートレジャー》など、収録から活躍しきりだったトレーナーカードも揃って再登場しています。

ポケモンのカードはほぼ再録なので、このパックをきっかけに新しいデッキを組む意欲が湧いてきます。

一方トレーナーズカードは「バトルシャトレーヌ」の4人を始め、強力な新規カードも収録されています。ジムバトルやトレーナーズリーグなどの競技ポケカおいてどのような活躍をし環境を塗り替えてゆくのか…

今からとても楽しみです!

というわけで、今回ぼくは「このカードでデッキを組みたい」とインスピレーションを受けたカードランキングを紹介します。

1位《ルミタン》

ゲームソフト『ポケットモンスターXY』に「バトルシャトー」というバトル施設があります。

彼女たちはそこに登場するボスキャラのような存在で、「バトルシャトレーヌ四姉妹」と呼ばれています。

ちなみに、《ルミタン》は長女、《ラジュルネ》が次女、《ルスワール》が三女、《ラニュイ》が末っ子です。

カード番号が年齢順に並んでいるので、カードリストを見た時は「おっ!」と思いました(笑)

それぞれ対戦相手のバトル場のポケモンに依存する効果ではあるものの、非常に強力な効果を持っています。

中でも《ルミタン》は「自分の山札を上から12枚見て、その中にあるエネルギーを好きなだけ、自分のポケモンに好きなようにつける」というド派手な効果を持っています。

《ライチュウGX》《シェイミ◇》など、場のエネルギーの数だけダメージがあがるワザを持つポケモンと組み合わせて使用すると楽しそうです。

4種類を揃えるために、《ゼルネアス》のようにデッキからサポートを探したり、《ミカルゲ》のようにトラッシュから回収したりする効果を持つカードを組み合わせてデッキを組むと安定感が増すかもしれません。

2位《カプ・テテフGX》 & 《ゾロアークGX》

デッキの安定性を高めてくれる能力を持つ《カプ・テテフGX》《ゾロアークGX》は登場時から鮮烈な活躍を見せました。

その結果、ショップからパックがなくなったり価格が高騰したりと、対戦以外にも話題に上がることの多かったカードでもあります。

手に入れづらかったカードの再録を喜んでいる初心者プレイヤーや、これをきっかけに始めるプレイヤーもいるのではないでしょうか。

デッキを構築する際は複数枚必要になるカードでもあるので、中級者の方にも嬉しい再録ですね。

バトルにおいて重要な役割を持つカードなので、この機会にぜひ手に入れたいと思い、2位にしました!

3位《ワンダーラビリンス◇》

「おたがいの場のフェアリーポケモン以外のワザを使うエネルギーを無色1個分ぶん多くする」という派手な効果を持つプリズムスター・スタジアムカードです。

結果的に相手のポケモンに余分にエネルギーがつくことになるので、《カプ・テテフGX》《サーナイトGX》という相手のエネルギーの数を参照しダメージを与えるカードと相性がいいですね。

特に《サーナイトGX》のような2進化ポケモンは、攻撃の準備に時間がかかるので、時間稼ぎができるこのスタジアムとの相性は抜群です。

場に出すタイミングによっては対戦相手のプランを崩壊させることもできる効果を持っているので、フェアリータイプが少ない環境であれば大いに活躍しそうです。

…フェアリータイプ以外にも、エネルギーの供給に困らない【ウルネク】や【ズガドーンGX】などと組み合わせて使う作戦もありかも!?

と、無数にデッキのアイディアのわいてきます。ぼくにとって非常に魅力的なカードです。

ライター:よわし

「GXウルトラシャイニー」カードセット全体の印象

今回のハイクラスパックも収録枚数が非常に多く、これまでのポケモンカードサン&ムーンシリーズを代表するカードがたくさん収録されていますね。

デッキの主軸となるポケモンが非常に多く、「GXウルトラシャイニー」収録カードに数種類のカードを足せば、競技ポケカでも十分通用するデッキになるでしょう。

再録カードと比較すると新たに追加されたカードの種類は少ないですが、いずれも無視できない能力を持っています。

色違いポケモンの収録や、競技用デッキを組む際の必須カードとも言える《カプ・テテフGX》《ゾロアークGX》の再録など、毎回開けるのが楽しみなパックですね。

カードをたくさん持っていない初心者にも、すでに持っている上級者にもオススメです。

第1位《ルガルガンGX》

ルガルガン3番目の姿がついにカードとして収録となりましたね。

特性の「トワイライトアイ」は相手のテンポを落として妨害できる特性です。ベンチから進化させて相手のテンポを削ぐことができます。

《こだわりハチマキ》をつけてベンチに《ディアンシー◇》を出せば「アクセルロック」で170ダメージとなり、《カプ・テテフGX》を倒すことが可能ですね。「まよなかのすがた」の《ルガルガンGX》の持つ「ツメできりさく」ではできないことです。

「ラジアルエッジGX」は「トワイライトアイ」と相性のいいGXワザです。一気にダメージを上げることは難しいですが、エネルギーひとつで使えるので対戦終盤に相手を奇襲することもできそうです。

非常に強力な能力を持ち、環境で見ることも多い、まよなかのすがたの《ルガルガンGX》との使い分けという意味でも期待値の高いカードです。

第2位 グラスメモリ

新たに収録された「シルヴァディGX」専用のグッズです。 これまで収録されていた「メモリ」はそれぞれ、つけることでウルトラビーストたちの弱点をつけるようになっていました。

《ファイトメモリ》《デンジュモクGX》《アクジキングGX》 《サイキックメモリ》《アーゴヨンGX》《マッシブーンGX》《ウツロイドGX》《ネクロズマGX》 《ファイヤーメモリ》《カミツルギGX》《フェローチェGX》《ツンデツンデGX》 《エレクトロメモリ》《テッカグヤGX》

しかし《グラスメモリ》ではどのウルトラビーストの弱点もつくことはできません。(同じく「ウルトラシャイニー」で収録された《ウォーターメモリ》では《ズガドーンGX》の弱点を突くことができます。)

もしもフェアリータイプのメモリであれば、《ウルトラネクロズマGX》の弱点だったのですが…

今後の新たなウルトラビーストの登場を示唆するカードだとしたら楽しみですね。

第3位

フェアリー以外のポケモンのワザに必要なエネルギーが1つ多くなるという効果を持つスタジアム。

これまであったスタジアムのプリズムスターカードは、使った側にメリットのあるものばかりでしたが、《ワンダーラビリンス◇》は使った側を有利になるのではなく相手を不利にする効果を持ちます。

《ワンダーラビリンス◇》をトラッシュできなければ不利な状況が続くことになるので、今後はスタジアムを使ってトラッシュすることがより一層重要になってくるかもしれませんね。

相手のエネルギーをトラッシュするカードと合わせて、【ニンフィアLO】のようなライブラリーアウトを狙ったデッキにも採用されるかもしれません。

まとめ

Pokead所属メンバーによる、「GXウルトラシャイニー」の注目カードを紹介しました。

果たしてこれらのカードはプレイヤーたちにどのように使われるのでしょうか?

今後の大会結果をお楽しみに!

「GXウルトラシャイニー」収録カード一覧