ルール

【ポケカ初心者向け】デッキを作る上で重要な「5つのルール」とは!?【ポケカルールクイズ】

ポケモンカードのルールについての解説記事です。この記事ではデッキの枚数や、入れられるカードの枚数について解説します!

アローラ!アリアです!

「GXスタートデッキ」をきっかけにポケモンカードを始めてみて、今持っているデッキを改造したりイチからデッキを作ってみたいと思っている人はいませんか?
実は、デッキを自分で組むときに気を付けないといけないルールがあります!

この記事では、デッキを組む上で重要なルールを5つ紹介します!



デッキの枚数は60枚!

デッキの枚数はルール上、ぴったり60枚になっていないといけません。

もし自分でデッキを組む場合は、作り終わった後に必ず60枚になっているか確認をしましょう。
カードを保護する役割を持つデッキシールド(スリーブ)を先に60枚用意しておけば、入れながら枚数も確認できます。

※公式から発売されているデッキシールド(スリーブ)は64枚入りです。
他に発売されているスリーブも60枚になっているとは限らないので、こちらもよく確認をしましょう。

「デッキシールドってなに?」という方には、こちらの記事がおすすめです♪

【はじめてのポケカ】デッキシールド(カードスリーブ)のススメ

たねポケモンを1枚以上入れよう!

たねポケモンとは、カードの左上に「たね」と書いてあるポケモンのことです。

基本的に最初にバトル場やベンチに置けるのは、たねポケモンだけです。なので、デッキには必ずたねポケモンを1枚以上入れる必要があります。
ちなみに、特性で直接バトル場やベンチに出せる進化ポケモンもいます。

例えば、特性「ボルトスタート」の《ライボルト》。
「自分が後攻プレイヤーであればバトル場・ベンチにこの《ライボルト》を直接出してもよい」という効果を持っています。
「こういう特性のポケモンがいれば、たねポケモンはいらないんじゃないの?」とも考えられますよね。
しかし、たねポケモンを1枚も入れず対戦することは、ルール上できません!

Q
特性「ボルトスタート」を持つライボルトを入れているデッキは、たねポケモンを入れないことができますか?

A
いいえ、できません。
デッキのルールとして、デッキにはたねポケモンを必ず1枚以上入れなければなりません。

自分の場にポケモンがいなくなると、相手にサイドを6枚取られていなくても負けになってしまいます。
最後まで対戦を楽しむためにも、たねポケモンは少し多めに入れておきましょう。

同じ名前のカードは4枚まで!

イラストや使えるワザが違っていても、同じ名前のカードはデッキに4枚までしか入れられません。

例えばこの2枚の《イワンコ》のカード、イラストもワザも違いますよね。
しかし、ポケモンの名前を見てみると、どちらも《イワンコ》と書かれています。
このように名前が全く同じカードは、4枚までしかデッキに入れられません。

では、次の場合はどうでしょうか?

この2枚のカードはどちらも《ルガルガン》ですが、一方は《ルガルガン》、もう一方は《ルガルガンGX》と書かれています。
名前が同じではないので、この場合はそれぞれ4枚ずつデッキに入れられます。

例外として何枚でも入れられるカード、1枚しか入れられないカードがあるので、次の章で紹介します!

基本エネルギーは何枚でも入れられる!

基本エネルギーはデッキに何枚でも入れることのできるカードです。
1つのタイプだけではなく、色々なタイプの基本エネルギーを混ぜて入れることもできます。

《メタグロスGX》の特性「ジオテックシステム」は「トラッシュの《基本鋼エネルギー》か《基本超エネルギー》をバトルポケモンに付けられる」効果を持っています。

「GXスタートデッキ 鋼メタグロス」にはもともと16枚の《基本鋼エネルギー》が入っていますが、
《基本鋼エネルギー》と《基本超エネルギー》をそれぞれ8枚ずつ入れることもできます。

このように改造すれば、鋼タイプだけでなく超タイプのポケモンとも組み合わせることができるようになりますね!

ただし、何枚でも入れられるのは「基本エネルギー」だけです。

「特殊エネルギーカード」の場合は、前の章でお伝えしたように同名のカードは4枚までです。
(特殊エネルギーであることは、カード名の隣に書いてあるので一目瞭然ですね!)
何枚でもデッキに入れられるのは、基本エネルギーカードだけであることに注意しましょう。

プリズムスターのカードは何枚入れられるの?

ここまでデッキに入れられる枚数について解説してきましたが、プリズムスターのマーク◇がついているカードについては別のルールがあります。
この章ではプリズムスターのカードのルールについて紹介します!

プリズムスターのマークがついているカードは、1種類につき1枚しか入れられません。
同じ名前のプリズムスターのカードは1枚までですが、違う名前のカードならそれぞれ1枚ずつデッキに入れられます。

例えば、《ディアンシー◇》と《ビーストエネルギー◇》。
どちらもプリズムスター◇のカードですが、違う名前なのでそれぞれ1枚ずつデッキに入れられます。

プリズムスター◇カードのルールを詳しく知りたい方には、こちらの記事がおすすめ♪

【ルール】「プリズムスター」と「ロストゾーン」って何!?【ウルトラサン & ムーン】

さて、デッキを組む上でのルールを5つ解説しました。
次の章でルールクイズを5問出題します。今回の内容をおさらいしてみましょう!



ポケカルールクイズ!

デッキを作る上での5つのルールについてのクイズを出題します!
しっかり覚えられているか確認ができるので、全問正解を目指して解いてみましょう。

記事の作成前にTwitterに載せた問題なので、解いていただいた方はこの記事で答え合わせをしてみてください!

Q1:デッキの枚数についてのクイズ!

Q2:デッキに入れられる枚数のクイズ! その1

Q3:デッキに入れられる枚数のクイズ! その2

Q4:たねポケモンの枚数についてのクイズ!

Q5:プリズムスター◇カードについてのクイズ!

まとめ

ポケカルールクイズ、全問正解できましたか?今回の記事で紹介したデッキのルールは以下の5点です。

  1. デッキの枚数は60枚ぴったりにする
  2. たねポケモンは必ず1枚以上デッキに入れる
  3. 同じ名前のカードはデッキに4枚まで
  4. 基本エネルギーは何枚でも入れられる
  5. プリズムスターのカードは同じ名前のものは1枚まで

この5つのルールを守れば、どんな風にデッキを組むかは自由です!

自分の好きなポケモンを集めたデッキで対戦するのもすごく楽しいですよ♪

デッキを組む上での重要なルールをしっかり守って、自分のオリジナルデッキを作ってみましょう!

それでは、良いポケカライフを!