ルール

【ルール】「プリズムスター」と「ロストゾーン」って何!?【ウルトラサン & ムーン】

拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」で新たに登場したルール「プリズムスター」「ロストゾーン」について解説!

拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」で新たな種類のカード「プリズムスターカード」が収録されました。それに伴って「ロストゾーン」という場所が登場することとなります。

今回は「プリズムスターカード」「ロストゾーン」について解説。ルールをしっかり覚えて「プリズムスター」を使いこなしましょう!

プリズムスターカードってどんなカード?

まずは《ソルガレオ》《ソルガレオ◇》を比較してみましょう。

《ソルガレオ》《ソルガレオ◇》

ご覧のようにプリズムスターカードの特徴は、これまで白かったカード枠が黒くなっていることです。
イラストの枠は黒い水晶のようなものになっており、ネクロズマの体に酷似しています。ネクロズマに光を奪われてしまったことを表しているのかもしれませんね。

また、カードのテキストの書かれている場所には大きくプリズムスターカードのマークが描かれており、GXポケモンとはまた違った華やかさが感じられます。

さらに注目すべきは、本来進化ポケモンであるソルガレオやルナアーラがたねポケモンである点でしょう。
プリズムスターポケモンは全てたねポケモンとして登場するそうなので、《ソルガレオ◇》《ルナアーラ◇》のような強力な伝説の進化ポケモンも簡単にデッキに採用することができますね。

プリズムスター専用のルールは?

なんとプリズムスターのカードは1種類につきデッキに1枚しか入れることができません。つまり、それだけ強力なカードということです。

プリズムスターカードの運用を安定させるには、1枚しかないカードを山札から探すことのできる《ハイパーボール》《ニンフィアGX》の「マジカルリボン」、《メタグロスGX》の「アルゴリズムGX」のようなワザが必要になってくるでしょう。

《ハイパーボール》《ニンフィアGX》《メタグロスGX》

1種類につき1枚しか入れることができないため、サイドに入ってしまうと毎回安定して運用できません。そのためプリズムスターカードにあまり頼りすぎるとリスクを抱えることになります。
しかしそれだけ能力は強力で、大きなリターンを得ることができるため、プリズムスターカードが最大のパフォーマンスをできるように準備することが大事になりそうです。

プリズムスターカードがサイドに行ってしまった時のために、サイドカードを入れ替える《ロトム図鑑》《グラジオ》を採用する意味も大きくなってくるかもしれません。

《ロトム図鑑》《グラジオ》

ロストゾーンって何?

“ロストゾーンはトラッシュと違う場所で、自分のサイドの左側になります。 カードの説明文などに「ロストゾーンに置く」と書かれていたら、この場所にカードを置きます。

ロストゾーンに置かれたカードは、その対戦中は場・山札・手札・トラッシュに戻らず、使うことができなくなります。

ロストゾーンのカードの内容や枚数は、いつでも確認できます。相手のロストゾーンのカードも確認できます。”

(参照)トレーナーズウェブサイト 『拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」に新レアリティ「プリズムスター」登場!!』

「ロストゾーン」とは拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」発売までは遊び方説明書にも登場していなかった言葉ですが、トラッシュの代わりにカードを置く場所です。調べてみると、過去のポケモンカードでも存在していたギミックでした。

置く場所はサイドの左側ということですが、これまでのルールではサイドが一番端となっていました。

公式に発売されたプレイマットにも、そのような表記どころかスペースもほとんどなく、ゲームの外に出ているような印象も受けます。

まさしく「LOST」(消失)したカードということでしょうか。

ロストゾーンはトラッシュの代わりにカードを置く場所ですが、トラッシュではないため《レスキュータンカ》《ルザミーネ》で手札やデッキに戻すことができません。

《レスキュータンカ》《ルザミーネ》

不便さは感じますが、このことからもプリズムスターカードそれぞれが強力であることが分かります。

《ハイパーボール》のようなカードで捨てた場合にもプリズムスターカードはロストゾーンに置くため、プリズムスターカードを使う時には細心の注意が必要です。

過去にはロストゾーンのカードの枚数を参照するカードもありました。今後ロストゾーンを利用するようなカードは出てくるのかにも注目したいですね。

余談ですが、ロストゾーンはシンオウ地方のポケモンが主に登場した「ポケモンカードDPt」シリーズの際に存在していたギミックです。

拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」では《エンペルト》《ディアルガGX》《シロナ》をはじめ、シンオウ地方のポケモンやトレーナーがフィーチャーされました。他の世界を繋ぐウルトラホールによってシンオウ地方と繋がったことで「ロストゾーン」のギミックも復活したのかもしれませんね。

「エンペルト」「ディアルガGX」「シロナ」

プリズムスターカードとロストゾーンのまとめ

プリズムスターカードとロストゾーンについて押さえて置くべきポイントは以下の3点!

  • プリズムスターは各種デッキに1枚しか入れられない!
  • プリズムスターカードはトラッシュに置くのではなくロストゾーンに置く!
  • ロストゾーンはトラッシュとは別の場所で、再利用ができない!

プリズムスターカードは1種類につきデッキに1枚しか入れることができず、再利用することができません。

しかしそれだけ超強力なカードであることが予想され、その登場によって対戦はより激しいものとなるでしょう。

ポケモンだけでなくサポートやエネルギーのプリズムスターカードもあるため、今後もどんな広がりを見せていくのか楽しみですね!

あわせて読みたい(関連記事)

2017年12月8日(金)発売! 拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」【SM5】


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA