GXポケモン解説

【カード解説】《ネクロズマ あかつきのつばさGX》を使いこなしたい!【SM5M】

超タイプGXポケモン《ネクロズマ あかつきのつばさGX》を徹底解説!

今回は拡張パック「ウルトラムーン」に収録された《ネクロズマ あかつきのつばさGX》を解説します。
《ルナアーラGX》のような動きのある能力を引き継いでいるため、ギミックを組み込んだデッキを組むことができそうです。
「インベイション」「やみのせんこう」「イクリプスムーンGX」を使いこなそう!

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》 たね HP180 超
特性
インベイジョン

このポケモンがベンチにいるなら、自分の番に1回使える。このポケモンを自分のバトルポケモンと入れ替える。
(超)(超)(超) やみのせんこう 120
このワザのダメージは抵抗力を計算しない。
GXワザ
(超)(超)(超) イクリプスムーンGX 180

このワザは、自分のサイドの残り枚数が、相手より多いときにしか使えない。次の相手の番、このポケモンはワザのダメージや効果を受けない。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
弱点 (悪)
抵抗力 (闘)
にげる (無)(無)

バトル場に舞い降りる!

かがやくたてがみ

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》の「インベイジョン」は、自身をバトルポケモンと入れ替える特性です。

バトルポケモンの状態に関係なくベンチからバトル場に出る特性のため、バトルポケモンが特殊状態になってしまった際に、ベンチの《ネクロズマ あかつきのつばさGX》と入れ替えることで擬似的に回復させることができます。

さらに、「ジャイロユニット」を持つ《シルヴァディGX》がいればたねポケモンの逃げるエネルギーがなくなるため、そのポケモンを再びバトル場に出すことも可能です。

特殊状態を回復するだけでなく、好きなポケモンと入れ替えるだけで十分に強力な特性です。自分の番に毎回《ポケモンいれかえ》を使えるようなものですね。

《シルヴァディGX》《ポケモンいれかえ》

このコンボを使えば、一度ベンチに戻すことで自分のバトルポケモンにかかっている効果はなくなります。

そのため、次の番にワザを使えなくなる《ホウオウGX》の「フェニックスバーン」や《マッシブーンGX》の「ナックルインパクト」を連続して使うこともできるようになるのです。

《ホウオウGX》《マッシブーンGX》

このように用途が幅広いため、《シルヴァディGX》を軸としたデッキに、相方として《ネクロズマ あかつきのつばさGX》が採用されるかもしれません。

相手の抵抗力を消す閃光!

やみのせんこう

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》の「やみのせんこう」は、抵抗力に関係なく120ダメージを与えるワザです。

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》の元となった《ルナアーラGX》のワザ「シャドーレイ」は、「やみのせんこう」と同じく120ダメージを与えるワザです。

「シャドーレイ」は超タイプの抵抗力を持つ鋼ポケモンや悪ポケモンとは戦いにくくなる状況もありました。

例えば…

《アクジキングGX》《ゾロアークGX》はどちらも超タイプに抵抗を持つHPが210のポケモンです。

《アクジキングGX》《ゾロアークGX》

「シャドーレイ」のダメージは120ですが抵抗力のせいで100ダメージしか与えることができず、きぜつさせるためには3回攻撃しなくてはなりません。

ところが《ネクロズマ あかつきのつばさGX》の「やみのせんこう」の場合は抵抗力の計算をしないため、2度の攻撃できぜつさせることができますね。


HPが250あり、超抵抗を持つ《ソルガレオGX》が相手でも、《ククイ博士》などワザのダメージを上げるカードを使えば、2度の攻撃できぜつが狙えるのです。

《ソルガレオGX》《ククイ博士》

月食によってダメージを受けない!

イクリプスムーンGX

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》の「イクリプスムーンGX」は、自分のサイドの枚数が相手よりも多い時という条件付きではありますが、180ダメージを与えつつ次の番にワザのダメージと効果を受けなくなるGXワザです。

サイドを取られた後のターンにはそれまでいたアタッカーを失っているため場を整える必要がありますが、「イクリプスムーンGX」であればサイドを取られて劣勢の中でも攻撃しながら自分の場を整える時間を作り出せます。

エネルギーが2枚ついた《ネクロズマ あかつきのつばさGX》がベンチにいるだけでとても安心感がありますね。

さらに「イクリプスムーンGX」相手ベンチの《カプ・テテフGX》のようなGXポケモンを倒すほどのダメージを与えます。

バトルポケモンを無視して《グズマ》を使ってサイドを取りにいっても、「次の相手の番、このポケモンはワザのダメージや効果を受けない」効果のおかげで、安全に次の番を迎えることができますね。

《カプ・テテフGX》《グズマ》

防御よりの性能を持ちながら、攻撃的な使い方もできる器用なGXワザと言えます。

まとめ

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》の特徴は以下の3点でした。

  • 「インベイジョン」でバトルポケモンの状態にかかわらず交代!
  • 抵抗力の計算がないため悪や鋼と戦いやすい「やみのせんこう」
  • テンポを取り戻す時間を作り出す「イクリプスムーンGX」

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》も《ルナアーラGX》と同様にダメージ面には不安がありますが、お互いのポケモンをどくとこんらんにする「うつろなひかり」を持つ《ウツロイドGX》と組み合わせるといいでしょう。

どくのダメージとこんらんによる足止めでダメージの低さをサポートしつつ、自分のポケモンの特殊状態は「インベイジョン」で回復させることができます。

《ネクロズマ あかつきのつばさGX》はトリッキーな特性やワザを持つため、より動きのあるテクニカルなデッキを組めそうですね。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA