【カード解説】《マグカルゴGX》を使いこなしたい!【SM7a】

炎タイプGXポケモン《マグカルゴGX》を徹底解説!

強化拡張パック「迅雷スパーク」に収録された、《マグカルゴGX》を解説。

「クラッシュチャージ」「ようがんりゅう」「マッグバンGX」を使いこなそう!

マグカルゴGX
《マグカルゴGX》 1進化 HP210 炎
特性
クラッシュチャージ

自分の番に1回使える。自分の山札を上から1枚トラッシュし、そのカードが基本エネルギーなら、自分のポケモンにつける。
ワザ
(炎)(炎)(無) ようがんりゅう 50+

このポケモンについているエネルギーを好きなだけトラッシュし、その枚数×50ダメージ追加。
GXワザ
(炎) マッグバンGX

相手の山札を上から5枚トラッシュする。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
弱点 (水)
抵抗力 なし
にげる (無)(無)(無)



《マグカルゴGX》の特性とワザ

《マグカルゴGX》の持つ強力な特性とワザ、それと相性のいいカードを紹介します。

山札からエネルギーを供給!「クラッシュチャージ」!

クラッシュチャージ

《マグカルゴGX》の「クラッシュチャージ」は、自分の番に一度自分の山札の一番上をトラッシュし、それが基本エネルギーであれば自分のポケモンにつける特性です。

「クラッシュチャージ」で確実にエネルギーをつけるためには山札の一番上を確認する、もしくは山札の一番上に基本エネルギーを持ってきたいですね。

山札の一番上に確実に基本エネルギーを持ってくることができるカードとしては《マオ》《マグカルゴ》があります。

マオ マグカルゴ

《マグカルゴ》は毎回山札の上に好きなカードを持ってくることができ、カードを引くサポートと一緒に使うことで好きなカードを手札に持ってくることもできるため非常に便利です。

場に《マグカルゴ》と《マグカルゴGX》がたくさん並んでいれば毎回確実に基本エネルギーをつけることができるため非常に強力な組み合わせです。

しかし《マグカルゴGX》と進化前の《マグマッグ》を共有しているため、通常なら場に合わせて4匹しか出せません。そのため5匹目の《マグマッグ》として《メタモン◇》を採用するといいでしょう。

マグマッグ メタモン◇

場に出せば出すほど「クラッシュチャージ」を使える回数が増えるため、序盤からしっかり《マグマッグ》《メタモン◇》を展開することが重要になるでしょう。

また、《マグカルゴ》ほどではありませんが、山札の一番の上から2枚を確認して好きな順番で上に置くことができる「ゆうえい」を持つ《ラプラス》や、山札の一番上を確認して戻すかトラッシュできる《ヤミラミ》の「ほりさげる」も十分優秀です。

ラプラス ヤミラミ

どちらもたねポケモンのため簡単にベンチに出して特性を使えるという意味では《マグカルゴ》よりも使い勝手がいいですね。

《レシラムGX》《ホウオウGX》など炎タイプには多くのエネルギーがつくことで活躍するポケモンが多く、《カキ》に代わる新たなエネルギー加速候補として活躍しそうですね。

レシラムGX ホウオウGX カキ

「クラッシュチャージ」のQ&A

Q
自分の《マグカルゴGX》の特性「クラッシュチャージ」を使い、山札を1枚トラッシュしたとき、トラッシュしたカードが基本エネルギーだった場合、自分のポケモンにつけないことはできますか?
A
いいえ、できません。
トラッシュしたカードが基本エネルギーだった場合、必ず自分のポケモンにつけます。

マグマで相手を焼き尽くせ!「ようがんりゅう」!

ようがんりゅう

《マグカルゴGX》の「ようがんりゅう」は、自身についている基本エネルギーを好きな数トラッシュし、その数×50ダメージ追加されるワザです。

山札の一番上をトラッシュして自分のポケモンに基本エネルギーをつける「クラッシュチャージ」との相性がいいワザですね。

基本エネルギーを一つトラッシュするごとに50ものダメージが上がる、炎ポケモンらしく派手なワザですが、トラッシュする個数を自分でセーブすることもできるため使いやすいワザですね。

ついている3枚基本エネルギーを全てトラッシュすれば200ダメージものダメージになります。

《マグカルゴGX》は「クラッシュチャージ」のおかげでベンチにいても活躍することができるため、思い切って全ての基本エネルギーをトラッシュし、全力を出してからベンチで他のポケモンをサポートしながら再び地道に育てていってもいいかもしれません。

《マグカルゴGX》をベンチポケモンと入れ替えるための《ポケモンいれかえ》《あなぬけのヒモ》があると便利です。

ポケモンいれかえ あなぬけのヒモ



「ようがんりゅう」のQ&A

Q
自分の《マグカルゴGX》に基本エネルギーが3枚ついているとき、《マグカルゴGX》のワザ「ようがんりゅう」を使った場合、基本エネルギーを1枚もトラッシュしないことはできますか?
A
はい、できます。

Q
自分のベンチに特性「みつりんのぬし」がはたらいている《フシギバナ》がいて、自分のバトル場に基本炎エネルギーが2枚、基本草エネルギーが1枚ついている《マグカルゴGX》がいます。
このとき、《マグカルゴGX》のワザ「ようがんりゅう」を使って《マグカルゴGX》についている基本草エネルギーを1枚トラッシュした場合、100ダメージを追加することはできますか?
A
いいえ、できません。
この場合、トラッシュしたエネルギーの枚数は1枚になるため、追加するダメージは50ダメージになります。

相手の山を削れ!「マッグバーンGX」!

マッグバーンGX

《マグカルゴGX》の「マッグバーンGX」は、相手の山札の上から5枚をトラッシュするGXワザです。

トラッシュから回収しにくいグッズやサポート、特殊エネルギーをトラッシュできれば強力です。そのために相手がボール系のグッズを使ってポケモンを展開しきった終盤の方が効果が大きいと言えるでしょう。

ここで、同じく相手の山札を削るという効果を持っている《リザードンGX》の「レイジングアウトGX」と比較してみましょう。

リザードンGX

「マッグバーンGX」は山札の上からトラッシュする枚数が「レイジングアウトGX」よりも少ないですが「レイジングアウトGX」よりも少ないエネルギーで使うことができ、《リザードンGX》は2進化ポケモンのため《マグカルゴGX》の方が簡単に場に出すことができます。これらのことを考えると「マッグバーンGX」の方が「レイジングアウトGX」よりも使いやすいと言えますね。

「ゼクロム争奪戦」での《マグカルゴGX》

1進化ポケモンのため場に出すことは難しいですが、「クラッシュチャージ」でエネルギーを相手よりも多くつけることができるかもしれないため非常に強力です。《ハイパーボール》やカードを引くサポートを引けたなら、基本エネルギーを少し多めに採用すると「クラッシュチャージ」の効果を最大限に発揮できます。

ハイパーボール

山札を操作できカードは《ラプラス》のみとなっています。「ゆうえい」が使えるだけでも便利なため一緒に採用したいですね。

「ようがんりゅう」は高火力で勝負を決めることもできる強力なワザです。基本エネルギーをトラッシュする枚数とタイミングは慎重に決めましょう。

水タイプにGXポケモンはいませんがどのポケモンも優秀で、それらを採用した水タイプ軸のデッキとの対戦も予想されます。できるだけたくさん「クラッシュチャージ」を使いたいため、不用意にバトル場に出さないように注意しましょう。《ユニットエネルギー草炎水》がついていると水タイプになる《カクレオン》にも注意。

カクレオン ユニットエネルギー草炎水

《マグカルゴGX》のまとめ

《マグカルゴGX》の特徴は以下の3点でした。

  • 山札の一番上をトラッシュし、基本エネルギーなら自分のポケモンにつける「クラッシュチャージ」
  • 自分についているエネルギーをトラッシュすることでダメージが上がる「ようがんりゅう」
  • 相手の山札の上から5枚をトラッシュする「マッグバーンGX」

《マグカルゴ》の「クラッシュチャージ」は不確定ではありますが、自分の番のたびに使える強力な特性です。他のカードでサポートして、毎回山札からエネルギーをつけましょう。

ついている炎エネルギーをトラッシュすることが必要ですが、エネルギーさえ供給できれば「ようがんりゅう」で大ダメージも狙えます。

1進化ポケモンながらエネルギーをつけることと攻撃が両立できるので、《マグカルゴGX》をサポートするポケモンを含め、対戦では場を作ることが重要になりそうですね。

《マグカルゴGX》の関連カード

  • 《マグカルゴ》(SM6b)
  • 《マグマッグ》(SM7a)
  • 《マグマッグ》(SM6b)
  • 《リザードンGX》(SM3H/SMH)

  • 《マグカルゴGX》の収録パック

    【カードリスト】強化拡張パック 「迅雷スパーク」の収録カード一覧【ポケカ】