【デッキ解説】フェローチェ&マッシブーンGX

フェローチェ&マッシブーンGXを使ったデッキレシピや使い方を解説。デッキの特徴や立ち回り方、対策方法などを紹介しています。

フェローチェ&マッシブーンGXデッキの解説

採用されるポケモンはフェローチェ&マッシブーンGXだけ

フェローチェ&マッシブーンGXデッキは、《フェローチェ&マッシブーンGX》の場持ちの良さを生かしたデッキです。

《まんたんのくすり》《アセロラ》《ライフフォレスト◇》などで《フェローチェ&マッシブーンGX》を回復しながら戦います。

豊富なサポートカードを駆使して戦う

《フェローチェ&マッシブーンGX》は、ウルトラビーストであるためサポートカードが豊富。《ビーストリング》のおかげでエネルギーも素早く準備でき、足りない打点は《ビーストエネルギー◇》で補えます。

《ルザミーネ◇》で相手からのワザを防ぐことができ、苦手とする《フーパ》の「バンデッドガード」は《ウルトラフォレストのかみつかい》を使えば突破できます。

デッキレシピ

フェローチェ&マッシブーンGXの立ち回り

ブルーの探索を起点に戦う

好きなトレーナーズを2枚加えられる《ブルーの探索》でトレーナーズを加えながら戦いましょう。

回復するカードを加える他にも、《フィールドブロアー》《無人発電所》など、相手を妨害するカードも自在に使うことができます。《ネットボール》から草エネルギーを加えることもできるため、万能なサポートです。

1匹がきぜつしたら《ビーストリング》で反撃

《フェローチェ&マッシブーンGX》しかポケモンが採用されていないため、相手はサイドを3枚ずつ取っていきます。そのため、《ビーストリング》《ルザミーネ◇》を使うチャンスが必ずあるということです。しっかりと手札に加えて使えるようにしておきましょう。

フェローチェ&マッシブーンGXデッキの対策・弱点

フェローチェ&マッシブーンGXデッキはキーカードを手札に保持しながら《ブルーの探索》で探しながら戦うという都合上、《リーリエ》《エリカのおもてなし》《シロナ》などの手札を手札を一気に増やすサポートの採用が難しいデッキです。

そのため《マーシャドー》の「やぶれかぶれ」や《ジャッジマン》で積極的に手札をリセットしていくといいでしょう。

「ビーストゲームGX」の使い所を工夫しよう

相手をきぜつさせた時に取るサイドが増える「ビーストゲームGX」の使い所がポイントです。《ビーストリング》を使って追加分のエネルギーをつけてサイドの一気取りを狙ってもいいですが、序盤に相手のたねポケモンを倒してサイドを2枚取ってしまうのもいいでしょう。