【デッキ解説】ジュゴゾロ(ゾロアークGX + ペルシアンGX + ジュゴン)

この記事では、ゾロアークGX + ペルシアンGX + ジュゴンを使ったデッキレシピや使い方を紹介します。【ジュゴゾロ】の回し方のコツや、デッキ内のコンボなど、楽しく遊ぶためのデッキ解説記事です。

SM3+「ひかる伝説」に収録された《ゾロアークGX》。常に環境トップのデッキのメインポケモンとして活躍してきた強力なカードです。
SM10「「ダブルブレイズ」発売後、《ゾロアークGX》を主軸とした新たなアーキタイプが登場しました。
《ジュゴン》《ペルシアンGX》を採用した、通称【ジュゴゾロ】です。

《ゾロアークGX》がどう進化したのか?

早速、デッキレシピを見ていきましょう!

サンプルデッキレシピ

ゾロアークGX + ペルシアンGX + ジュゴン その1

このデッキの詳細はこちら

ゾロアークGX + ペルシアンGX + ジュゴン その2

ゾロアークGX + ペルシアンGX + ジュゴン その3

《ゾロアークGX》とは?

ゾロアークGX

ゾロアークGX
1進化ポケモン HP210 悪タイプ
特性
とりひき

自分の番に1回使える。自分の手札を1枚トラッシュする。その後、山札を2枚引く。
ワザ
(無)(無)ライオットビート 20×

自分の場のポケモンの数×20ダメージ。
GXワザ
(悪)(悪)トリックスターGX

相手の場のポケモンが持っているワザを1つ選び、このワザとして使う。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

弱点 抵抗力 にげる
闘 x2 超-20 2


このデッキのメインアタッカーは《ゾロアークGX》です。
「ひかる伝説」発売以降、最も使用率の高いカードのひとつです。
エネルギー1枚で最大120ものダメージを与える「ライオットビート」や、不要な手札を入れ替える特性「とりひき」にと、デッキの主軸として大活躍するポケモンです。

《ジュゴン》とは?

ジュゴン

ジュゴン
1進化ポケモン HP120 水タイプ
ワザ
(無)(無)しっぽではたく 60


(無)(無)(無)デュアルブリザード

このポケモンについているエネルギーを2個トラッシュし、相手のポケモン2匹に、それぞれ60ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

弱点 抵抗力 にげる
鋼 ×2 なし 2



このデッキのもう一人の主役が《ジュゴン》です。
一体どんな役割を持っているのか、見ていきましょう。

「デュアルブリザード」でベンチポケモンを狙撃

《ジュゴン》の「デュアルブリザード」は、相手のポケモン2匹に、それぞれ60ダメージを与えるワザです。
進化デッキはベンチにたねポケモンを並べることが多く、それらを進化前に倒せるのがこのワザの強みです。
ベンチ狙撃により相手の進化前たねポケモンをきぜつさせることができれば、大きくテンポを取れるため、優位に立つことができます。

また、TAG TEAM GXポケモン(例えば《レシラム&リザードンGX》や《ルカリオ&メルメタルGX》など)のHPは高く、1撃では倒しづらい相手です。

それらをゾロアークGXの「ライオットビート」だけで相手を倒そうとした場合、120の倍数でダメージを与えることになるので、最低でも3回ワザを使わなくて倒すことができません。
しかし《ジュゴン》であらかじめダメカンを乗せおけば、2回の「ライオットビート」で相手を倒すことができるようになります。

もちろん、傷を負ってベンチに逃げた相手を追撃することもできるので、様々な状況に合わせて活躍できるワザなのです。

《ペルシアンGX》とは?

ペルシアンGX

ペルシアンGX
1進化ポケモン HP200 無色タイプ
特性
キャットウォーク

前の相手の番に、自分の「ポケモンGX・EX」がきぜつしていたなら、自分の番に1回使える。自分の山札にある好きなカードを2枚まで、手札に加える。そして山札を切る。この番、すでに別の「キャットウォーク」を使っていたなら、この特性は使えない。
ワザ
(無)(無)(無)ふくしゅう 10+

自分のトラッシュにあるポケモンの枚数×20ダメージ追加。追加できるダメージはポケモン9枚ぶんまで。
GXワザ
(無)(無)(無)スラッシュバックGX 150

このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
GXルール
ポケモンGXがきぜつしたとき、相手はサイドを2枚とる。

弱点 抵抗力 にげる
闘 ×2 なし 2

拡張パック「ダブルブレイズ」で登場したGXポケモン《ペルシアンGX》。
採用枚数は1~2枚と控えめですが、自分の《ゾロアークGX》が倒されてしまった時にこそ活躍するポケモンなのです。
デッキから好きなカードを2枚まで手札に加えられる「キャットウォーク」は、状況に合わせたカードを探せる柔軟な特性です。

後続の《ゾロアークGX》を始め、自身の攻撃用の《トリプル加速エネルギー》などをサーチする動きは非常に強力です。

もちろん、ワザ「ふくしゅう」も強力なワザです。
言わずもがな、不要なポケモンをトラッシュしつつ、ワザのダメージまで上げてくれる《ゾロアークGX》の特性「とりひき」との相性はバツグン。

奇襲攻撃を仕掛け、相手のゲームプランを崩壊さてしまいましょう。


《ダブル無色エネルギー》《トリプル加速エネルギー》の採用

《ダブル無色エネルギー》は、もはや説明不要なカードかも知れません。
1枚で2個分のエネルギーとして働くこのカードは、様々なデッキで活躍しています。
このデッキにおいては主に《ゾロアークGX》の「ライオットビート」のために使用されます。
「いつ引いても強い」カードの代表格と言えるでしょう。

《トリプル加速エネルギー》も強力なカードですが、少し癖のある効果を持っています。

「進化ポケモンに付けた場合のみ、しかも1ターンだけ」《ダブル無色エネルギー》よりも強力なカードとして作用します。
このカードは主に、《ジュゴン》や《ペルシアンGX》がワザを使用するためのカードです。

特に《ジュゴン》との組み合わせはエネルギーをトラッシュするデメリットも実質無視できるため、相性はバツグンです。

《ゾロアークGX》と共有できる点も忘れてもいけません。
攻撃を繰り出す際の重要なエネルギーであるのです。

まとめ

いかがでしたか?
《ゾロアークGX》デッキはカスタマイズしがいがあるデッキなので、自分なりの工夫をデッキに活かすのも楽しいですね。

対戦や、ジムバトルに出る際の参考にしていただければ嬉しいです。