【カード解説】《ルカリオGX》を使いこなしたい!【SM5+】

闘タイプGXポケモン《ルカリオGX》を徹底解説!

今回は拡張パック「ウルトラフォース」に収録された《ルカリオGX》を解説。サン&ムーンシリーズではすでに2度収録されているルカリオが満を持してGXポケモンとして登場です。「はどうげき」「せんぷうきゃく」「クロスビートGX」を使いこなそう!
進化した時に強化されるワザや、ダメージを負っていると威力の上がるGXワザからは好戦的な性格が読み取れますね。

ルカリオGX

《ルカリオGX》 1進化 HP210 闘
(闘) はどうげき 30+
この番、このポケモンが「リオル」から進化していたなら、90ダメージ追加。
(闘)(闘)(無) せんぷうきゃく 130

GXワザ
(無)(無) クロスビートGX

このポケモンにのっているダメカンの数×30ダメージ。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

弱点 (超)
抵抗力 なし
にげる (無)(無)

進化直後なら強烈な一撃!

はどうげき

《ルカリオGX》の「はどうげき」は、この番に《リオル》から進化している場合、120ダメージになるワザです。《グソクムシャGX》の「であいがしら」とも似たワザですが、こちらは進化した直後に使う必要があります。
グソクムシャGX

闘エネルギーひとつで120ダメージを出して戦っていくには積極的に《アセロラ》で場から手札に戻したり、「レスキュータンカ」でトラッシュから《ルカリオGX》を手札に戻すといいでしょう。
「アセロラ」「レスキュータンカ」

特に《アセロラ》は《グソクムシャGX》の「であいがしら」のときと同様に《ルカリオGX》とも非常に相性のいいサポートです。
《ルカリオGX》が受けたダメージをなくすことができるうえに手札に戻るため、ベンチに《リオル》がいる状態であれば、戻した《ルカリオGX》をそのまま進化させて闘エネルギーをつけ、その番のうちに「はどうげき」を使うこともできます。

「はどうげき」による連続攻撃を狙う場合にはベンチに《リオル》がいる必要があるため《せせらぎの丘》や《ポケモンだいすきクラブ》を使ってあらかじめ展開しておくことも大切ですね。
「せせらぎの丘」「ポケモンだいすきクラブ」

足技も強力!

せんぷうきゃく

《ルカリオGX》の「せんぷうきゃく」は、シンプルに130ダメージを与えるワザですが、弱点を突けば2進化GXポケモンもきぜつが狙うことができます。強力なポケモンの多い無色ポケモンと悪ポケモンの弱点は闘タイプであるため、優秀なワザです。

ただ、進化した番であれば「はどうげき」でも十分なダメージを与えることができ、「せんぷうきゃく」を使うにはどうしても3ターンかかってしまいます。
使える条件が限られる「はどうげき」で、より効率的にダメージを与えるか、安定して「せんぷうきゃく」で戦うかを見極める必要があるでしょう。

カウンターに注意!

クロスビートGX

《ルカリオGX》の「クロスビートGX」は自分に乗っているダメカンの数×30ダメージを与えるワザです。《ルカリオGX》が仮に200ダメージを受けている場合、乗っているダメカンは20個のため、与えるダメージは600ダメージにもなります。たった2つのエネルギーでこれほどの威力を出すことができるワザは滅多にありません。

大きなダメージを受けるほどに威力の増すGXワザではありますが、実際にはそれほどダメージが乗っていなくとも十分に強力です。ダメカン8個だけで2進化GXポケモンをも倒すほどのダメージとなります。
下手にダメージを与えると「クロスビートGX」によるカウンター攻撃を受ける可能性があるため、「クロスビートGX」を使わせないためには200近くのダメージを出して《ルカリオGX》を一気に倒さなければなりません。そのため、高威力のワザを持たない相手の攻撃を牽制することができます。

「クロスビートGX」は《ケンタロスGX》の持つ「マッドブルGX」と同様のワザです。「マッドブルGX」は猛牛を怒らせる怖さを表現していますが、「クロスビートGX」は《ルカリオGX》が闘タイプポケモンという事もあり、カウンター攻撃をイメージさせますね。

「ケンタロスGX」

まとめ

《ルカリオGX》の特徴は以下の3点でした。

  • 進化した番だと威力の上がる「はどうげき」
  • 「はどうげき」にはない安定感のある「せんぷうきゃく」
  • 「クロスビートGX」で強烈なカウンター攻撃!

《ルカリオGX》はトリッキーなワザのおかげで、相手を翻弄しながら戦うことができます。
《ルカリオGX》が倒されなかった場合は《アセロラ》で手札に戻して「はどうげき」を使い回すことができ、相手がダメージを与えてきたなら「クロスビートGX」によるカウンターをお見舞いしましょう。
素早い動きで攻撃を避けながら強烈な一撃を放つ《ルカリオGX》が想像できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA