【カード解説】《デンジュモクGX》を使いこなしたい!【SM4+】

雷タイプGXポケモン《デンジュモクGX》を徹底解説!

今回は無機質な見た目が恐ろしい《デンジュモクGX》の紹介です。「フラッシュヘッド」「ランブルワイヤー」「ライトニングGX」を使いこなそう!

《デンジュモクGX》はストレートに攻撃するのではなくじわじわ相手を妨害していくポケモンです。

デンジュモクGX

《デンジュモクGX》 たね HP180 雷
特性
フラッシュヘッド

このポケモンは、特殊エネルギーがついている相手のポケモンから、ワザのダメージを受けない。
ワザ
(雷)(雷)(無) ランブルワイヤー 100

相手の山札を上から1枚トラッシュする。
GXワザ
(雷) ライトニングGX

相手の手札を見て、その中にあるカードを1枚、ウラにして相手のサイドに置く。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
弱点 (闘)
抵抗力 (鋼)
にげる (無)(無)

特殊エネルギーがついた相手の攻撃は通さない!

フラッシュヘッド

《デンジュモクGX》の「フラッシュヘッド」は、特殊エネルギーをつけたポケモンからワザのダメージを受けなくなる特性です。

特殊エネルギーはいずれも強力な効果を持っており、《ダブル無色エネルギー》や《ストロングエネルギー》、《ミステリーエネルギー》などは特によく使用されています。

《ダブル無色エネルギー》《ストロングエネルギー》《ミステリーエネルギー》

《カウンターエネルギー》や《ワープエネルギー》という新しい特殊エネルギーの登場も《デンジュモクGX》への追い風ですね。

《カウンターエネルギー》《ワープエネルギー》

相手が特殊エネルギーしか入っていないデッキであれば完封できるので、特殊エネルギーを多く採用したデッキが流行しているなら、《デンジュモクGX》を採用してみるといいでしょう。

《スカル団のしたっぱ》や《プルメリ》で相手の手札や場の基本エネルギーを積極的にトラッシュして、相手の場のポケモンに特殊エネルギーしかついていない状況にしてしまうと無敵の《デンジュモクGX》を活躍させることができます。

《スカル団のしたっぱ》《プルメリ》

ダメージに加えデッキ破壊も!

ランブルワイヤー

《デンジュモクGX》の「ランブルワイヤー」は、相手の山札の一番上をトラッシュするワザです。一見地味な追加効果ですが、相手のデッキに1枚しか採用されていないカードをトラッシュできれば強力です。

現在多くのデッキに採用されている《カプ・テテフGX》は、「ワンダータッチ」によってデッキから好きなサポートを手札に加えることができます。そのため《アセロラ》や《ククイ博士》のような、有効な場面が限られるサポートを1枚だけピンポイントで採用し、使いたいタイミングで《カプ・テテフGX》で持ってくるという戦法が取られています。

《アセロラ》《ククイ博士》

しかし「ランブルワイヤー」でそういったカードをトラッシュすれば相手の戦術の幅を大きく狭めることになるのです。1枚だけ採用されるようなカードはタイミングを選ぶ代わりにどれも影響力が大きいため、たった1枚のトラッシュでも活躍する可能性は大いにあります。

《レスキュータンカ》や《バトルサーチャー》、《ルザミーネ》のようにトラッシュのカードを再利用できるカードも採用されていることが多いですが、これらのカードを使わなければいけない状況を作ることでダメージ以上のプレッシャーを与えることができるかも知れません。

《レスキュータンカ》《バトルサーチャー》《ルザミーネ》

相手の手札のカードを封印!

ライトニングGX

《デンジュモクGX》の「ライトニングGX」は、相手の手札のカードを見てサイドに加えるGXワザです。

《ウツロイドGX》の「パラサイトGX」はサイドに加えたカードを確認することはできませんが、「ライトニングGX」では相手の手札を見て強力なカードをサイドに封印することが可能です。ただサイドを増やすだけでなく相手の手札を見る、相手の手札のカードを使用不可能にする、という三役をこなすワザですね。

相手のデッキからサイドに送りたいカードがある場合には《のぞきみレッドカード》で相手の手札を確認してみてもいいでしょう。

《ウツロイドGX》《のぞきみレッドカード》《カウンターキャッチャー》

《ウツロイドGX》や《デンジュモクGX》のような、相手のサイドを増やすポケモンとの対戦が増えていくようなら《カウンターキャッチャー》や《カウンターエネルギー》の有用性も高まっていきそうです。

ただし、カードをサイドに置いた際にシャッフルしないため、サイドに送ったのがどのカードか、どこにあるのかが相手もわかってしまいます。そのためサイドを取る時に相手はそのカードを取るかを選ぶことができてしまい、逆に利用される恐れがあります。

強力なキーカードをサイドに送った場合には、いかにサイドを取られないように立ち回るかが重要になりそうです。

まとめ

《デンジュモクGX》の特徴は以下の3点でした。

  • 「フラッシュヘッド」で特殊エネルギーのついたポケモンからの攻撃をシャットアウト!
  • 意外と侮れない「ランブルワイヤー」による山札トラッシュ!
  • 相手の手札のカードをサイド送りにする「ライトニングGX」

ゲーム内では特攻の高さが売りのポケモンですが、ポケカでは直球のダメージではなく相手への妨害に長けたポケモンです。

トゲトゲの頭と黒い体はなんとなく《グズマ》に似ています。

《グズマ》《デンジュモクGX》

直接な関係があるのかはわかりませんが、《スカル団のしたっぱ》や《プルメリ》で基本エネルギーをトラッシュして特殊エネルギーで戦わざるを得ない状況を作ったり、《グズマ》で特殊エネルギーのついたポケモンをバトル場に出すなど、スカル団の面々とは何かと相性がいいですね。

あわせて読みたい(関連記事)

2017年10月20日(金)発売! ハイクラスパック「GXバトルブースト」【SM4+】



【カード解説】《フェローチェGX》を使いこなしたい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA