【カード解説】《エンテイGX》を使いこなしたい!【SM3+】

炎タイプGXポケモン《エンテイGX》を徹底解説!

今回は拡張パック「ひかる伝説」に収録された《エンテイGX》のカード紹介です。

ジョウト地方の伝説のポケモン、所謂「3犬」のうちの1匹の《エンテイGX》は強力なワザを持っています。
「かえん」「ほのおのキバ」「ブレイブバーンGX」を使いこなそう!

エンテイGX

《エンテイGX》 たね HP180 炎
ワザ
(炎)(無) かえん 50

(炎)(炎)(無) ほのおのキバ 100
相手のバトルポケモンをやけどにする。
GXワザ
(炎)(炎)(無) ブレイブバーンGX

相手のベンチポケモン1匹に、150ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。][対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
弱点 (水)
抵抗力 なし
にげる (無)(無)

シンプルなワザで次につなげよう

かえん

《エンテイGX》の「かえん」は、効果のないシンプルなワザですが、後述の「ほのおのキバ」と合わせると170ダメージ(それぞれのワザのダメージ+やけど)、「ブレイブバーンGX」と合わせると200ダメージとなります。

ひとつの基準となりつつある《カプ・テテフGX》をはじめとするHP170のたねGXポケモン、《エーフィGX》《ニンフィアGX》のようなHP200の1進化GXポケモンと対峙する場合はこのワザを使うかどうかが道を分けることにもなりそうですね。

《カプ・テテフGX》《エーフィGX》《ニンフィアGX》

相手ポケモンを効率良くきぜつさせられるように、数ターン先のプランを考えて「かえん」を使いましょう。

侮れないやけど効果!

ほのおのキバ

《エンテイGX》の「ほのおのキバ」は100ダメージを与えて相手をやけどにすることができるワザです。「かえん」に続き比較的シンプルなワザですが、侮ることはできません。

やけどによるダメージもあるので最低でも120ダメージ、その後もやけどが続けばそれ以上のダメージも期待できます。

相手がやけどを嫌がってベンチに逃がしたならば、逃すために使うカードや新たなポケモンを育てるためのエネルギーなど、擬似的に相手のリソースやテンポを削っていくことができますね。

同じ炎タイプの《バクガメスGX》の「ぐれんのほのお」や《ホウオウGX》の「フェニックスバーン」にはデメリットとなる効果がありますが、「ほのおのキバ」にはそれがありません。取り回しが良いため主力として戦っていくポテンシャルも持っています。

《バクガメスGX》《ホウオウGX》

強力なベンチポケモン狙撃!

ブレイブバーンGX

《エンテイGX》の「ブレイブバーンGX」は、相手のベンチポケモン限定で150ダメージを与えるGXワザです。

「ほのおのキバ」によって与えるダメージはやけどを合わせて120のため、やけどを回復するためベンチに逃げた2進化GXポケモンも討ち取ることができますね。

ベンチポケモンを攻撃できるワザは基本的に必要なエネルギーが多かったり、ダメージがそれほど高くないものが多いですが、このワザにはそういったデメリットがありません。

テンポを失うことなく次の攻撃に移ることができるため、《エンテイGX》がベンチポケモンを狙うという役割だけにならないのもポイントでしょう。

シールド戦で使うには?

シールド戦で使うには?

「ほのおのキバ」と「ブレイブバーンGX」に炎エネルギーが2つ必要なため、炎エネルギーを少し多めに採用する必要がありそうです。

シールド戦では数少ない、相手のベンチを狙撃できるポケモンです。相手がベンチで育てているポケモンを狙うことができるのは強力です。

『ひかる伝説』に収録されているたねポケモンはみなHPが150以下のため、確実にサイドを1枚狙うこともできますし、高い耐久力を持つGXポケモンたちも瀕死状態にすることができますね。

「ほのおのキバ」は、《ミュウツーGX》の「フルバースト」や《ゾロアークGX》の「ライオットビート」のようにエネルギー数や場のポケモンの数に依存せず安定したダメージを与えることができます。また、《ライチュウGX》の「かみなり」のような反動ダメージもありません。

シールド戦で使うには?

ポケモンのHP130が基準となっているロイヤルマスク争奪戦環境において他の条件なしに安定して120ダメージを与えることができるだけでなく、そこからさらにダメージが増える可能性があるため、ロイヤルマスク争奪戦環境の一角だと言えるでしょう。

ロイヤルマスク争奪戦の環境考察はこちらをどうぞ

【シールド戦】『ひかる伝説』シールド戦入門その③ 〜HPの分布から見る「ひかる伝説」おすすめカード〜

まとめ

《エンテイGX》の特徴は以下の4つでした。

  • 「かえん」でテンポ良く次のワザに繋げる
  • 120以上のダメージも見込める「ほのおのキバ」
  • テンポを失わないベンチ狙撃ワザ「ブレイブバーンGX」
  • シールド戦において貴重なベンチ狙撃!

与えるダメージやワザの効果だけを見れば派手なポケモンではありませんが、それだけ安定性があって使いやすいポケモンです。デッキを組む際に特殊なギミックを必要としないため、様々なデッキで採用できる可能性がありますね。

また、運用するために他に必要なカードがないため、シールド戦では引きに左右されず、とにかくエネルギーとともに採用すれば活躍が見込めます。

シンプルな中に強さを持つ、伝説のポケモンの貫禄を感じますね。

あわせて読みたい(関連記事)

【カード解説】《ミュウツーGX》を使いこなしたい!

堰堤の匠
松永ひとみ
日本クラウン
2016-02-24


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA