【シールド戦】『ひかる伝説』シールド戦入門その③ 〜HPの分布から見る「ひかる伝説」おすすめカード〜

シールド戦で強いデッキを構築するためには、どんなポケモンを使えばいいのでしょう?  『ひかる伝説』に収録されたポケモンのHPの分布から「強いポケモン」を探る考察記事です。

「強い」ポケモンの基準は?

今回の記事は、klovさんに寄稿して頂きました!

アローラ! 新弾「ひかる伝説」が発売されてから約1週間が経ちました。皆さんシールド戦楽しんでますか?klovです。

今日はシールド戦後半に向けてより戦略的な構築が出来るようになる記事とそれに基づくシールド戦おすすめカードをお届けします。

「シールド戦って何?」という方には、こちらの記事がオススメです。

【シールド戦】『ひかる伝説』シールド戦入門その① 〜シールド戦って何?〜

【シールド戦】『ひかる伝説』シールド戦入門その② 〜デッキ構築のコツは?〜

大事なのはHPの分布!

シールド戦は構築と違い引いたカードでの戦いとなります。そのためカードプールにどういうスペックのカードがどの程度分布しているのかは非常に重要な情報です。そこで今回はHPの分布から、どの打点を出せるカードが強いのかを考えてみます。

まずは「ひかる伝説」収録ポケモンのHP分布を見てみます。以下がそのグラフです。

「ひかる伝説」収録ポケモンのHP分布

HP60-70に1つ目の山が、HP110-130に2つ目の山があります。1つ目の山は非最終形態のたねポケモンでしょうか。これだけだとまだ良くわからないので、「たね/1進化/2進化」×「最終形態/非最終形態」で分けてみました。「最終」はこれ以上進化しないポケモン、「非最終」はまだ進化するポケモンを指しています。また表頭にある項目の意味は以下のとおりです。

  • N:その種類に該当するカードの枚数。「たね 最終 30」はたねポケモンかつ最終形態が30種類いるという意味
  • N-%:ポケモン(59種類)に占める割合
  • HP-Mean:HPの平均値。
  • HP-Median:HPの中央値。中央値とはデータを小さい順に並べた際に真ん中に来る値。平均値は、一部のHPの高いポケモン(この場合GXポケモン)の影響を強く受けるためこの数字を見ている
  • HP-Mode:HPの最頻値。最も多いHP。「たね 最終 HP-Mode130」は、たねかつ最終形態のポケモンにおいてHP130が最も多いということを意味する

「たね/1進化/2進化」×「最終形態/非最終形態」

この表から読み取れる重要なことは2つあります。まずポケモンの約半数が「たね」かつ「最終形態」です。他のエキスパンションよりもちょっと多い気もします。このくらいないとシールド戦は厳しいのかもしれません。

次にその「たね」かつ「最終形態」のHP最頻値は130です。これは大きな情報です。最も遭遇しやすいHPが130と言い換えられそうです。また1進化の最終形態も最頻値120中央値115なので、130打点でカバーできそうです(いずれもGXは考慮外)。

おすすめポケモンTOP3

ということで、キーになるのは130打点を出せるポケモン、ないしは130を作れるポケモンの組み合わせ、ということになります。そこでこのデータに基づいた個人的なおすすめポケモンTOP3をご紹介します。

No.1  《レシラム》&《ゼクロム》

《レシラム》&《ゼクロム》

いきなりTOP3という枠無視して申し訳ないのですが、効果がほぼ同じなので同一枠とさせて下さい。たね&HP130という高耐久もさることながら、3エネルギーで確定130ダメージが素晴らしいです。またシチュエーション次第では無色エネルギー2つで140ダメージを出すことも可能です。上記の通り、130が1つのボーダーラインとなるため、この火力は文句なし。

No.2  《ガオガエン》

《ガオガエン》

高評価の理由は3つあります。1つはエネルギー2つで130ダメージが出せる「ガッデムパンチ」。ベンチにダメカンという条件は《ワープエネルギー》と《ダメージムーバー》のおかげで意外になんとかなります。2つ目は《エンテイGX》を1撃で倒すことができる「フレアドライブ」。《ミュウツーGX》もダメカンが1つ乗ってさえすれば倒せます。3つ目は《ライチュウGX》の下技を耐えるHP170。要するに能力すべてが強力です!

No.3  《ラティオス》

《ラティオス》

連打していると後ろのHP60のたねポケモンを簡単にきぜつさせることができるのに加え、130打点を構成しやすくなります。30ダメージ+《ゾロアークGX》の「ライオットビート」で100ダメージなど、130ダメージの組み合わせは多いと思います。

なおトップ3には入らなかったものの、これ以外の注目カードもあります。

注目カード3選

《ズルッグ》

《ゼクロム》《レシラム》を呼べたり《ニャビー》を呼べたり《ゾロア》を呼べたり。とにかく《ズルッグ》が2枚いると決まった場を作ることもできるようになり、通常の対戦のような安定感が出ます。

《ダメージムーバー》

《ゼクロム》《レシラム》のダメージ調整に加え、《ガオガエン》を回復しながら上技130出るようになる動きがとても強いです。僕も実際にジムバトルではこの動きが勝利に繋がりました。眼に見えないところから打点を上げるカードが少ない環境のため、《ダメージムーバー》による打点調整は勝利に直結するケースが多いと思われます。

《ひかるゲノセクト》

これも打点130を出しやすいポケモンです。HPも130。ひかる系のため容易には引けない+炎の採用が多そうな環境なのが難点ですが、《ビリジオン》などと組み合わせられるとより強力です。

終わりに

いかがでしたでしょうか。今回は『ひかる伝説』に収録されたポケモンのHPの分布から「強い打点」を探り、その打点を出しやすいポケモン=強いという考え方を取ってみました。他の環境でもシールド戦のような限定環境なら使える考え方ですので、皆さんぜひチャレンジしてみて下さい。

この記事を書いた人

klovさんのTwitter

klovさんのBlog ニャオニクスな日々


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA