優勝デッキ解説 【オーロットBREAK + ネクロズマGX】日本チャンピオン決定戦2017 準優勝

ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 で準優勝した、オーロットBREAKデッキのデッキレシピやカードの採用理由などを解説します。

国内大会の頂点であるチャンピオンズリーグ2017。

本日は、その大会で準優勝したサトヤマハルキ選手の《オーロットBREAK》と《ネクロズマGX》デッキを紹介します。

デッキレシピ

【オーロットBREAK + ネクロズマGX】

基本的な動き

このデッキの基本的な動きは

1.《オーロット》の特性「もりののろい」で相手にグッズロックをかける

2.《オーロットBREAK》のワザ「サイレントフィアー」でダメカンをばら撒く

3.相手のテンポ崩しながら《ネクロズマGX》を育て、決着をつける

《ネクロズマGX》を得て【オーロット】はどう強化されたのか…?

デッキの早速見ていきましょう!

TIPS

1.《オーロット》「もりののろい」&エネルギー破壊カード

《オーロット》「もりののろい」&エネルギー破壊カード

「もりののろい」は、相手のグッズ使用を禁止する強力な特性です。

バトル場に《オーロット》がいることが使用条件なので、このデッキを使う場合は「いかに《オーロット》を場に残すか」を考えながらプレイする必要があります。

この構築では、相手に強力なワザを使わせないように、妨害戦略を取っています。

《改造ハンマー》や《クラッシュハンマー》《フレア団のしたっぱ》で相手のエネルギーを破壊し強力なワザを使わせないことで、《オーロット》を守ろうとしています。

特性が働いている間、相手は《はかせのてがみ》や《バトルサーチャー》、《ハイパーボール》を使う(《シェイミEX》や《カプ・テテフGX》を探す)ことができません。

つまり、ドローやサーチに大きな制限をかけ、思うように手札を整えらないようにするのです。

《オーロット》「もりののろい」でグッズロック

妨害カードでペースを握ってから《オーロットBREAK》の「サイレントフィアー」でじわじわ相手を追い詰めましょう。

2.《オーロットBREAK》「サイレントフィアー」&《ネクロズマGX》「ブラックレイGX」

《オーロットBREAK》「サイレントフィアー」&《ネクロズマGX》「ブラックレイGX」

これまでの【オーロットBREAK】の弱点は、毎ターン与えられるダメージが少なく、高いHPのポケモンを倒すのに時間がかかりすぎてしまうことでした。
しかし《ネクロズマGX》のおかげで、その弱点を克服することができました。

相手のベンチに《シェイミEX》や《カプ・テテフGX》などが並んでいる場合、このGXワザの効果でサイドを一気に取り、逆転することも可能でしょう。

4枚積まれた《次元の谷》のおかげで、《ダブル無色エネルギー》1枚でGXワザを使うことができるのは強力ですね。

また、ダメカンをばら撒きながら戦う【オーロット】は、乗せられたダメカンの数だけ強くなる《ケンタロスGX》や《ジジーロンGX》が天敵でした。

“天敵である《ケンタロスGX》&《ジジーロンGX》"

しかし、《ネクロズマGX》の特性「ひかりのおわり」のおかげで、ダメージを受けずに天敵たちと戦うことができるようになりました。

超エネルギーが3枚ついていれば、相手を一撃できぜつさせられるのも頼もしいです。

3.《カプ・テテフ》「マジカルスワップ」&《炸裂バルーン》

《カプ・テテフ》「マジカルスワップ」&《炸裂バルーン》

《炸裂バルーン》でダメカンをのせたり、ばら撒いたダメカンを《カプ・テテフ》の「マジカルスワップ」でダメカンを乗せ換えたりすることでも相手を気絶させるチャンスを生み出すことができます。

相手のポケモンを倒すためには、場に幾つのダメカンが必要なのか?を常に考えながらプレイすることが勝利の鍵になるでしょう。

こちらも《次元の谷》があれば場に出てすぐにワザが使えるので、相手の意表をついた奇襲攻撃ができますね。

得意な相手、苦手な相手

グッズロックをかけ、相手の展開スピードを削ぐことのできる【オーロット】。

《ふしぎなアメ》で進化を促す2進化デッキや、《ピーピーマックス》や《アクアパッチ》などでエネルギーを加速させるデッキを相手にした際は、速度面で有利になります。

また、ダメカンをばら撒いたり乗せ換えたりする効果は、HPの低い【よるのこうしん】のポケモン達には非常に効果的です。

この構築では《カリン》まで採用しているので、対策はバッチリですね。

一方、《うねりの大海》は「サイレントフィアー」のダメージを帳消しにしてしまう回復効果を持つスタジアムカード。場に残ってしまうと、実質攻撃の手段がなくなってしまうことになります。

また、「サイレントフィアー」はワザの効果でダメカンをのせるワザなので、《マギアナEX》の「ミスティックハート」のように”相手のポケモンが使うワザの効果を受けない”という効果も苦手とします。

《うねりの大海》&《マギアナEX》

グッズロックはあくまでも1つの戦術です。グッズロックをあえて解除し、タイミングを見極め《ネクロズマGX》をバトル場に出し戦わせることが勝利の鍵を握る場面もあります。タイミングを見極めて、バトルポケモンをチェンジしましょう!

気になる構築予算は…⁉︎

気になる構築予算は…⁉︎

このデッキを構築する際の予算は〜¥25,000程度です。

ほとんどのカードが汎用パーツですので、すでに1つ以上デッキを持っている方は少しパーツを入れ替えるだけで完成させることができそうです。

金額としては標準的なデッキと言えるでしょう。

グッズやサポートを始め、主役の《オーロットBREAK》も「THE BEST OF XY」に収録されているのが嬉しいです。

 

《ネクロズマGX》の採用枚数も一枚だけなので、『光を喰らう闇』を開封して当たった場合、それをきっかけにデッキを組んでみても面白いですね!

(2017.07.12現在。独自調査による参考価格です。)

あわせて読みたい(関連記事)

日本チャンピオン決定戦2017 デッキ紹介まとめページ

【カード解説】《ネクロズマGX》を使いこなしたい!【SM3N】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA