デッキ解説 【ゲロゲジュナイパー & ケンタロスGX】

ジュナイパーGXを使ったデッキを紹介。デッキレシピ、デッキ解説など。ガマゲロゲEXとケンタロスGXと組み合わせた構築です

グッズロック戦略とベンチ狙撃で相手を翻弄するデッキ。

《ジュナイパーGX》

《ガマゲロゲEX》の「ブルブルパンチ」でグッズロックをしながら、《ジュナイパーGX》の「フェザーアロー」で相手をジワジワ追い詰めるのが基本戦略である。

このデッキの肝は《巨大植物の森》と《活力剤》。

2進化ポケモンを使用するデッキでは手札に進化ポケモンが余ってしまいがち。《プラターヌ博士》は強力なカードだが、前述の理由から採用枚数を減らされることが多い。

しかし、このデッキでは上記の2枚があるからこそ進化ポケモンを捨てることがさほどデメリットにならないため、強気に4枚採用されている。

《ハイパーボール》のコストに充てたカードや《バトルコンプレッサー》で自ら墓地に送り込んだポケモンを拾ってきてすぐに進化させるという器用なギミックもあり、2進化を軸にするデッキとは思えない安定感がある。

いわゆる”ブン回り”させるための役割として、《トレーナーズポスト》も4枚採用されている。レシピがシンプルで無駄がないため、どのトレーナーズを引いても活躍させやすい。

盤面をコントロールする能力は高いが、反面、火力が低いのがこのデッキの課題。

《闘魂のまわし》や《ちからのハチマキ》で補強するデッキが多いが、本日紹介するデッキは《ケンタロスGX》を採用しているのが特徴的。火力の高い相手との対戦時やミラーマッチ時は「いかり」や「マッドブルGX」もあがり、サイドレースで不利になりづらい。

《ガマゲロゲEX》用に採用している《闘魂のまわし》か活用できるのも無駄がない。

《シェイミEX》を除けば高額なカードも少ないため、他のデッキに比べて安価で組めるのもこのデッキの魅力のひとつ。デッキのパーツも相手の妨害をするカードよりも自分のデッキを回すカードのほうが多く、プレイングも比較的簡単。レシピがシンプルな分安定感があり、初心者に方にもオススメです。

デッキレシピ

【ゲロゲジュナイパー x ケンタロスGX】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA