優勝デッキ紹介【ニンフィアGX】チャンピオンズリーグ2017 愛知 マスターリーグ 優勝

ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 愛知のマスターリーグで上位入賞した、ニンフィアGXデッキを解説します。

IMG_1464

デッキレシピ

【ニンフィアGX】

優勝デッキ紹介【ニンフィアGX】チャンピオンズリーグ2017 愛知

基本的な動き

《ニンフィアGX》の「マジカルリボン」で状況に合った妨害カードを手札に加え、相手の邪魔をしながらデッキ切れによる勝利を目指す構築です。【ニンフィアLO】とも呼ばれているアーキタイプです。

“LO”ってなに?

カードゲームにおける戦略の一つ。ライブラリアウト(Library Out)の略。いわゆる「デッキ切れ」を意味するTCG用語です。

カードゲームの原点「Magic:The Gathering」において、山札のことをライブラリと呼ぶことに由来した言葉ですね。

ポケモンカードにおいては、「番の最初にカードを引くとき、山札にカードが1枚もなくて引けなかった場合、その時点でそのプレイヤーの負けになります。山札がなくなった時点では負けにはなりません。」と勝敗が定義されています。

参考ー上級プレイヤー用ルールガイド

  • 遅いデッキを相手にする場合は《フレア団のしたっぱ》や《改造ハンマー》によるエネルギー破壊でテンポを取り、リソースを削る
  • 早いデッキの場合は各種スタジアムで相手の速度を落とししながら《こわいおねえさん》による手札破壊で選択肢を減らしてしまう

など、相手のデッキタイプや動きを見極めてカードを選択する必要があるためプレイングは難しいデッキと言えるでしょう。

しかし、「マジカルリボン」の効果で毎ターン好きなカードを3枚手札に加えることができるので、進化さえできれば安定した動きが可能です。1枚しか積んでいないカードもサーチすることができるので、シルバーバレット戦略(1枚ずつたくさんの種類のカードを採用する作戦)が取りやすく、デッキの流行に合わせたレシピに改造することができそうです。

TIPS

  1. スタジアムカード筐普sこわいおねえさん》
    スタジアムカード筐普sこわいおねえさん》

    《こわいおねえさん》は場にスタジアムが出ていないと使うことのできないカードですが、自分でスタジアムを場に出すことですぐに使うことができるようになります。

    2枚目以降のエネルギーやサポート、《バトルサーチャー》など、次のターンのために取っておきたいカードを捨てさせることによって、相手の次ターンの行動を大きく制限することができるコンボです。

    また、一度このコンボを使われた相手は2度目を警戒するはずです。「カードを使いたいが、手札破壊をされた時の為に選択肢を残したい…」相手にそんなジレンマを抱かせることも、展開速度を抑制することにつながります。

  2. 《プリエールGX》筐普sこわいおねえさん》or《N》
    《プリエールGX》筐普sこわいおねえさん》or《N》

    進化ポケモンを多用するデッキに対し有効なコンボです。

    バトル場のポケモンを《フラダリ》でベンチに下げてから《プリエールGX》で手札に戻す、というのも言わずと知れた強力なコンボですね。エネルギーも手札に戻すことができるので、実質的にエネルギー破壊としても機能させることができます。

    相手が《巨大植物の森》を場に出している場合には、先に《こわいおねえさん》を使って対策するのも良いでしょう。

  3. 「マジカルリボン」筐普s時のパズル》
    「ようせいのかぜ」筐普s時のパズル》

    《時のパズル》は2枚同時に使用することで「自分のトラッシュから好きなカードを2枚選び手札に加える」という効果を発揮するカードです。

    《ヘッドノイザー》や《改造ハンマー》、《クセロシキ》など、1枚しか入っていないカードでも繰り返し使用することができるのがこのデッキの強みです。

    デッキ破壊のカードは《ロケット団の工作》2枚だけですが、《時のパズル》《バトルサーチャー》《ともだちてちょう》を使用することで、何度も使いまわすことが可能です。相手が動けなくなってしまったときや、詰めの一手に役立つコンボです。

余談ですが、かわいい《ニンフィアGX》の《ともだちてちょう》に、素行の悪そうな方々ばかりが載っているのはなんだかショックですね…笑

得意な相手、苦手な相手

エネルギー破壊系のカードが多いため、ワザを使うためのエネルギーが多い中速~低速の相手には有利に立ち回れます。《まんたんのくすり》も4枚採用されているため、中打点のデッキに対しては《ニンフィアGX》回復して時間稼ぎをしながらLOを狙うことができるでしょう。

一方、《ニンフィアGX》を一撃で倒せる高火力なデッキや、《ピーピーマックス》や《ドータクン》など、エネルギー加速系のカードは速度面で不利になります。また、【オーロット】などグッズロックにも注意しましょう。

基本的に《ニンフィアGX》で攻撃することはありませんが、苦手とするポケモンを相手にしたときは倒してしまうのも手です。一枚だけ搭載された《ちからのハチマキ》をサーチするタイミングが重要になりそうです。

合わせて読みたい(関連記事)


本日の記事はこたえがお送りました。みなさま、良いポケカライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA